どんな会社?

  1. ホーム
  2. どんな会社?

社長あいさつ

みなさん、こんにちは!社長の寺江麻衣子と申します。

「てらえ」は昭和24年に創業以来、日本最北端の地 稚内でパン・お菓子・学校給食の主食製造販売をさせていただいております。

長い間みなさんに支えられてここまでくることができました。
いつも「安全でおいしく、喜ばれる商品作り」をして「お客様も社員も地域のみなさんも、みんなが元気になれるように」がんばっています。

これからも信頼していただけるよう又今まで育てていただいた恩を忘れないためにも、 毎日毎日を一生懸命やっていくつもりです。

これから先も、みなさまのご指導ご鞭撻を心よりお願いいたします。

代表取締役社長
寺江 麻衣子
日本最北端のママ社長ブログもご覧ください。

ページの先頭へ

会社の概要

事業所名丸ヱ 寺江食品株式会社
所在地北海道稚内市恵比須1丁目3番10号
設立年月日昭和25年12月(創業は昭和24年)
資本金1,200万円
従業員数20名
会社役員代表取締役社長 寺江 麻衣子
常務取締役   寺江 敏
営業種目1.学校給食主食製造業務(給食パン、米飯)
2.パン及び菓子の製造加工並びに販売
3.珈琲豆及び付帯商品等の販売
加入団体北海道パン・米飯協同組合
全国重度障害者雇用事業者協会
北海道高齢・障害者雇用促進協会
北海道菓子工業組合 稚内職親会
稚内商工会議所 稚内地方法人会
稚内観光物産協会 稚内観光協会 宗谷観光物産協会
北海道栄養士会 稚内自衛隊協力会
北海道中小企業家同友会
取引銀行稚内信用金庫
北洋銀行稚内支店
北海道銀行稚内支店
主たる取引先
スーパー・ストア
(株)西條 稚内店
ホクレンショップ稚内店
相沢食料百貨店
萩見総合食品ユアーズ
フレッシュリー 生鮮市場
北雄ラッキー シティ稚内店
株式会社みなとストア
ホテル・旅館
稚内全日空ホテル
稚内サンホテル
ホテル美雪
ホテル豊富 他 市内旅館
公官庁団体
稚内市給食センター・養護老人施設
航空自衛隊・(社)稚内市母子福祉会
稚内市立稚内病院・禎心会病院
勤医協宗谷医院・稚内振興公社
(社福)緑ヶ丘学園・(社福)木馬館
稚内観光物産協会・宗谷観光物産協会
その他
(株)シーエムシーネット通商
主な仕入業者(株)そうべい・月島食品工業(株)
(株)金丸富貴堂・(株)熊谷商店・(株)館花
(株)国境印刷・(株)トワニ
オリエンタル酵母工業(株)・日清製粉(株)
日本製粉(株)・木田製粉(株)
(株)福居製餡所

ページの先頭へ

会社の経営方針

前文

 ひとつの商売、ひとつの事業を行っていこうとする際には、やはりそれを進めていく根底をなす考え、あるいはその進め方等についての基本的な考えというものがはっきりと定まっていることが大切だと思います。
 現に、今の世の中で活動を進めている会社、商店の多くは、そうした考えを社是社訓、店是店訓とかいった形で、はっきりと持っています。

経営理念

  1. 消費者の求めるところを製品化し、誠意を持って提供することが我々の社会的使命であり、このことを通じて社会に貢献できることが、我々の存立基盤である。(従って、商品の生産は生産者の意図によって作られるものではなく、消費者のニーズによって作られるもので無ければならない。)
  2. 第2に、将来の我が社と我が社を生活の基盤とする社員の将来は誰が作るものでもなく、我々自身が創る。
  3. 第3に、社員の個人尊重、全員参加を理念とし、「努力する能力」を提唱する。

経営基本方針

  1. 食品は第1に衛生的でなければならない。
  2. 当社の求めている社員とは、第1に食品製造に対する心構えと会社の一員であるという方針への理解力と態度である。そして第2に技術(製造技術・販売技術・管理技術)の良し悪しである。
  3. 理念に支えられた高品質商品作りである。

経営目標

  1. 第1に、拡大生産に必要な利益をあげる。
  2. 第2に、働く環境の整備
  3. 第3に、人間開発
  4. 上記1,2,3による明るい豊かな社会、福祉経営の実現

ページの先頭へ

会社の沿革

昭和24年10月現住所にて製パン業を創業する
代表者 寺江 一郎
昭和25年12月株式会社寺江製パン工場として設立
資本金 30万円 代表取締役 寺江 一郎
昭和26年04月稚内市学校給食パン加工委託工場の指定を受ける
10月製菓部門を併設
昭和27年08月稚内市本通り北2丁目にパン・菓子の直営店を開設(昭和42年契約切れにより閉鎖)
昭和28年01月資本金 100万円に増資
丸ヱ寺江食品株式会社と改称
清涼飲料部門を併設(昭和36年閉鎖)
昭和30年05月利尻・礼文に営業所開設 パン・菓子・飲料の販売にあたる(昭和35年閉鎖)
昭和36年05月冷菓部門を併設(昭和40年閉鎖)
昭和38年01月資本金 200万円に増資
07月高圧受電設備設置
10月代表取締役 寺江一郎死去により岡本亀美就任
昭和40年06月資本金 400万円に増資 社員持株制度導入
10月工場新築(1部2階建 延べ面積710平方メートル)
昭和42年09月稚内市立稚内中学校特殊学級生職場実習生を受け入れ 以後毎年継続
10月130KWトンネルオーブン設置(北海道設備近代化資金借入)
昭和43年04月稚内市学校給食センター開設により中学校給食パンの加工開始
10月学校給食パン納入取扱変更に伴い 社団法人北海道学校給食会加工委託指定工場となる。
指定番号169号(昭和43年8月19日付北学給第114号)北海道学校給食パン工業協同組合に加入
昭和44年08月稚内市立稚内中学校特殊学級職親会設立に参画
昭和45年03月稚内中学校特殊学級卒業生就職受入 以後受入継続
昭和46年06月資本金 500万円に増資
昭和47年07月中央2丁目中央プラザ内に「洋菓子と欧風パンの店リュミエール1号店」開設(昭和53年11月 閉鎖)
昭和48年02月第18回全国菓子博覧会にて「帆立せんべい」有効金賞受賞
08月(社福)緑ヶ丘学園より卒園児の就職受入
12月大黒2丁目 高井ビル内に「リュミエール大黒店」を開設
昭和49年10月中央3丁目高林百貨店と「リュミエール」のFC契約を結ぶ
昭和50年07月MMC三本コーヒー株式会社と代理店契約を結ぶ
喫茶材料一式卸として コーヒー部門開設
09月心身障害者の雇用問題に寄与したとして北海道知事より「北海道善行賞」を受賞
昭和51年06月大黒2丁目 スーパーマスヤマ内に「洋菓子と欧風パンの店サンメイト1号店」を開設
昭和52年02月第19回全国菓子博覧会にて「利尻昆布サブレ」名誉金賞受賞
04月資本金 800万円に増資
07月富岡3丁目6番4号に「リュミエール富岡店(佐伯)」 FC契約
09月道立稚内養護学校新設に伴い職場実習生受入
昭和53年03月前記マスヤマ倒産により「サンメイト1号店」一時閉鎖
06月上記S.Cタイガー((株)タイガー代表取締役 浦部博 美幌)として再建再開 新会社(株)タイガーへ資本金200万円出資 当社社長 同社取締役(非常勤)に就任「サンメイト1・2号店」再開
昭和54年07月はまなす2丁目「サンメイト駒本店」FC契約
昭和55年07月本社工場 新築工事着工
12月本社工場 落成(労働省指定モデル工場)
昭和56年04月資本金 1,200万円に増資
昭和57年07月潮見1丁目に「リュミエール潮見店」開設(昭和58年4月 閉鎖)
昭和59年03月第20回全国菓子博覧会にて「帆立せんべい」名誉大賞受賞
昭和61年06月寺江 光太郎 代表取締役に就任
昭和63年01月3日午前5時頃火災発見 本社工場内プルファー付近より出火 被災
平成元年08月大黒4丁目西條に「ハロウィーン」を開設(平成10年10月 閉鎖)
平成02年12月当社法人設立 満40周年
平成03年06月創立40周年記念キャンペーン実施
09月創立40周年記念式典挙行
平成08年06月(株)タイガー代表取締役に就任(平成10年05月 退任)
平成12年12月当社法人設立 満50周年
平成15年01月代表取締役社長 寺江光太郎死去により、寺江恵子就任
平成15年01月北海道パン・米飯協同組合より寺江光太郎に「感謝状」を授与
平成16年09月代表取締役社長  寺江恵子死去により秋元正智就任
平成19年04月代表取締役社長 秋元正智が任期満了に伴い退任、新代表取締役社長に寺江麻衣子就任
平成20年06月大手インターネットショッピングモール「楽天市場」へ「Lumiere-shop」開設(平成22年3月閉鎖)
平成20年10月どさんこプラザ(札幌店・有楽町店)へ新商品「うに○(まる)」をテスト販売
平成21年07月催事専門のドーナツショップ「Lumiere-shopプチ」を展開
平成21年08月熊笹生サブレ「熊王」を販売
平成22年03月北海道障害者職場実習支援事業として連続炊飯機を導入

ページの先頭へ

事業の概要

はじめに

 戦後、アメリカの援助用小麦を食するためにパンに加工しなければならない社会的要請の中で故寺江一郎によって創業されました。当時は戦後間もない頃で満足な機械設備も無く、又、製パン技術者がいるわけでもなく、ただ、社会的な必要性からどうにかしてパンを作らなければという使命感の 中で、水産加工場を改造して行われました。

 近年に至っては学校給食主食製造(給食パン・米飯)を柱として製パン部門、製菓部門、コーヒー部門等食生活に於ける社会的要求のなかで供給してまいりました。

 また、厚生省(現厚生労働省)重度障害者雇用モデル工場として知的障害者を雇用。 通年に渡り求人を要請、また、稚内職親会、全国重度障害者事業者協会に加入。会議への積極的な参加と社会的責任という観点から障害者雇用の継続、会議を通しての知識の向上等努力し現在に至っております。

事業内容

(1)学校給食主食業務

学校給食主食業務現在学校給食パン製造に関しては、平成19年度から北海道産小麦粉を全量使用。稚内市、豊富町、利尻町の小中学校、また、稚内市内の幼稚園、保育園、豊富高校への学校給食パンを提供。
特別加工パンとして菓子パン、クロワッサン等ご要望に合わせた商品を展開。
米飯に関しては稚内市内の幼稚園、小中学校へ提供。
また特別加工として五目御飯等ご要望にあわせた商品を展開。

(2)市販パン製造販売

稚内市内主力スーパーへ商品を納品、販売を行っています。
また、自衛隊、福祉施設、デイサービスセンター、学童保育所保育園等、市販商品またはご要望にあわせた専用商品を納入しております。

(3)菓子製造販売

直販店はありませんが観光土産菓子、クリスマスケーキの製造販売、病院関係、デイサービスセンター、学童保育所、幼稚園への受注販売等規格品のほかに要望に合わせた商品を販売しております。

(4)コーヒー豆及び付帯商品等の販売

当社は三本コーヒー株式会社と代理店契約を結んでおり、市内喫茶店及びホテル関係等にコーヒー関連商品及び冷凍食品、パン等の食材を販売しております。

(5)催事部門

平成21年7月より催事部門を展開。
新たなブランド名「Lumiere-shopプチ」として実演形式のプチドーナツ及びエスプレッソ系ドリンクの販売を宗谷管内中心に展開しております。

ページの先頭へ

施設の概要

土地2,887平方メートル82(875坪)
建物構造鉄骨造(耐火)ALC版構造
床面積1,411㎡91(428坪)縦27.1m/横52.1m
受電設備最大250KW(契約74KW)
LPG設備1t
ボイラー設備小型還流ボイラー(1台)
重油タンク(最大2,000ℓ)
製パン機械設備処理能力:2,400個/h
焼成機械設備処理能力:2,000個/h
製菓機械設備自動包餡機
米飯機械設備処理能力:4,000食/h

ページの先頭へ

ウェブマガジン旅色に紹介されました

てらえの商品

  • 熊王
    商品名 熊王 新食感 スイーツ新発売! 北海道産の小麦と良質の生チョ...

    熊王

    商品詳細を見る

  • 帆立せんべい
    日本最北端の宗谷岬。 北海道の最北部にあり、観光スポットでもある日本最北端...

    帆立せんべい

    商品詳細を見る

  • 利尻昆布サブレー
    サクッ!サクッ!サラッ! バターのコクとアーモンドの風味が最高です! 利...

    利尻昆布サブレー

    商品詳細を見る

  • ご注文はFAXまたはメールにてお受けしております
  • fax:0162-22-1201
  • mail:info@terae-lumiere.com

遊びにきてね!日本最北端のママ社長ブログ

Lumiereshop プチの出店情報など♪

丸ヱ寺江食品株式会社
〒097-0025
北海道稚内市恵比須1-3-10
TEL:0162-23-3670
FAX:0162-22-1201
Mail:メールアドレス